営業社員が辞めてからは固定客維持に絞り活動していました。それと同時に以前記事にもチラッと書きましたが顧客の顧客が取り扱いたがっているものを求め、海外商社との取引はできないものかとアレコレ調べるも海外の会社との契約の仕方なんてどこにも情報はない。出てくるのは個人輸入的な海外買い付け、買い付けと言っても海外のお店で購入し日本で販売するといったものなので参考にもならない。

とにかく行動あるのみで海外へ飛びました、怖いもの知らずだったと今では思います。当てもなくと言うか欲しい商品の目星はつけてありました。現地でツタナイカタカナ英語で交渉、上手く行かなかったけれどいい情報を耳にしました。ビジネス通訳サービスというものがあるのだ。少々お高いが日本で一日バイトを雇うよりも少し高い位で敷居は低いのだ。


アチコチ流されながらようやく目当ての商品を取り扱う商社に行き着いた。ここであの通訳サービスの登場です。2度足を運んだだけで意外にすんなり契約出来ました。条件はいくつかつけられましたがどうって事のないレベルのものです、しかも思ってた以上に安値で仕入れる事が可能なのです。

後は売り先の確保だけだ!(これが一番問題なのですが···)








にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 田吾作
    • 2018年03月28日 11:40
    • ヤクトさん行動力あってすごい。
      リスクは取っても稼ぎも経費も行動も全て自己裁量で仕事するってさぞかし面白いんでしょう。
      廃業は大変な経験だったんじゃないかと想像しますが、それでも再チャレンジしたくなるという魅力が伝わってきます。
    • 2. ヤクト
    • 2018年03月28日 18:27
    • @田吾作さん


      この頃はホント行動力が自分でもびっくりするくらいありました。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット