リアルFX取引口座を開設する FXブログ借金返済トレーダーの挑戦 ❰FXは少額からでも1000万勝てるのか?密かに借金増殖中❱

FXブログ借金返済トレーダーの挑戦 ❰FXは少額からでも1000万勝てるのか?密かに借金増殖中❱

fxでのトレードをリアルタイムでお伝えするブログ 少額で始める海外FX 1000万を目標に達成するまでせっせと入金 小遣い3万、借金返済トレーダーの挑戦 密かに借金増殖中

fxでのトレードをリアルタイムでお伝えするブログ
少額で始める海外FX 1000万を目標に達成するまでせっせと入金
小遣い3万、借金返済トレーダーの挑戦 密かに借金増殖中

今までのトレードではポジがなくなってる=ロスカット

びっくりした

今週からはトレードの仕方を替え指値、逆指値を入れていたのだった。

ふぅ~

少しづつ増えています。

image
このエントリーをはてなブックマークに追加

朝起きてすぐ110.867L1枚ポジりました。昨日考えていたのは今日のトレードはドル円ロング。上窓だったら110円台に下がってからポジる予定でしたがほぼ窓なしで110円台でしたので迷わずロングしました。今日のドル円は上目線です。できれば30pipぐらい欲しいところ。
image


昨日8000円入金。もうこれ以上の拝借は危険きわまりない。嫁と顔を合わせると後ろめたさが半端ない。
今日からは慎重トレード心がけます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

金曜日(6/16)に過去のFXトレードの仕方なんかを検証してみようと調べていました。

気付いた事はここ数か月ドル円に関してはショートでのポジが圧倒的に多い。因みにFXをやりはじめた頃はロングポジが圧倒的に多かったです。


何故なんだろう?今、チャート見ながらポジった場所をチェックしていくとこんなところでショートしてたのか、とか思います。ポジってたその瞬間はショートで間違いないと思いポジっている訳なのですが時間がたって見返すと不思議なポジリ方。

何故そのようなトレードをしたのか、わかってきたような気がする。

私のショート・ロングのポジってその時以前の傾向での印象の強さで判断してる。つまりは頭が固いのか?
例えばトランプラリーでの上昇で流れにのって勝っていた時には反転についていけない。どこまで下がろうが上昇の印象が残っていてショートするのが怖く感じるのかと・・・またはロングであればいづれ助かるだろうと考えてしまっている。
ここ最近ではゴールデンウィーク前に9日位ずっと下落していたチャートが強く印象に残っていて今現在までも気づかぬままショート目線でいるのかもしれない。今日は上がるぞと予想していた日でもロングポジが逆行してくるとやはりショートか、と印象での判断を優先してしまいすぐに下目線に切り替える。予想が的中していてもこれでは勝てない。朝予想していたのと逆のポジを持っている時はこの現象だろう。
自分自身の事なのにはっきりとはわからないが、ポジの傾向を見ているうちにそう感じました。

おおかた合っていると思う。

頭の中に残像として残る印象を消し去るのは容易ではない。

よくFXのブログで負けている人に対してのアドバイス的な記事では木を見て森を見ずって言葉ををよく見かけます。つまりは一部分のみを見てトレードするなって意味かと思うのですが、実際もっと基本的な所では印象が深く関わっているんじゃないの?


印象を見て現実を見ず!

私のトレードのダメな部分の根本はこれかと思います。

これで負けている人多いんじゃないかな?
特に直感トレード要素の多い自分は、知らず知らずのうちに印象だけを見てる気がする。

でもこれって中々治らないんじゃ?


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ